龍之進の本館イラスト・漫画サイト「龍之家」のブログです。同人活動情報の告知などを載せてゆきます。宜しくです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊とレスリングって…(笑)
 先日父が図書館から借りてきた「うしろ」と言うホラー小説を私も読まさせてもらいました。
内容は簡単に纏めると

 昔妊娠した途端男に捨てられた女が泣き続ける赤子を背負いながら芒の生えた畑で男を恨みながら一心不乱に鎌を振り芒を切っていたところ気が付くと誤って背中の赤子を切り殺してしまった。
そして女は自分を捨てた男を、世界を恨みながら自らの舌を噛み切り自殺。
それからその女は怨霊となり僧侶により骨を収めた骨壺に封印されます。
それから時は流れその骨壺を収めた祠が壊されそこに建てられた家で惨劇が起こります。
更に時は流れその場所にはある歪んだ目的で女性専用のマンションが建てられ…
そのマンションにはある呪術的仕掛けが施されておりその仕掛けが作動すると女の怨霊が住人のうしろに立つ…
そこから新たな惨劇、恐怖が始まる…


と言う感じのお話だったのですが、笑えるのが最後のあたりの怨霊と対決するシーン。
なんと怨霊とマンションの住人の女性が肉弾戦、レスリングで戦うんですよ~(笑)
最後は呪術の仕組みを壊して怨霊鎮めるんですが怨霊と肉弾戦って…
この女性には恋人がいて助けに来るんですがアドバイスをするだけでダウン。
結局戦ったのは女性でした。
最後は女性がけりをつけます。女性って強いですね(笑)←いや、そう言う話じゃないから。

 可笑しい可笑しいと笑ってばっかでしたが設定も何だか斬新というか凝っていてなかなか面白かったです。
父も面白かったのかその著者さんの本やホラー小説をまた数冊図書館のネット予約してました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 龍之棲家. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。