龍之進の本館イラスト・漫画サイト「龍之家」のブログです。同人活動情報の告知などを載せてゆきます。宜しくです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋というわけではないけれど
 先日、今日読み終わった本の感想です。
「キノの旅XIII」(13が出なかった…)です。
私では思いつきもしない思想、法律等に縛られる人々、国の話です。
破綻した国で亡命をする為に二人の旅人を雇ったある政治家。
簡単に家族であることを辞めることも家族になることもできる離族制度の国。
とある変わった方法で実行される死刑の方法、それに巻き込まれた旅人のキノ。
等など面白かったです
そのうちアニメも全部観てみたいと思います。
同じく電撃文庫の「断章のグリム~なでしこ上~」です。
 7月に自殺した高校生金森琴里(かなもりことり)。幼馴染で恋人だった臣、二人の幼馴染の一真は琴里の死のショックをいまだ抱えていた。そして臣は教室の琴里の机に飾られた白いユリを一本抜き取り持ち帰る。
その花を抜き取った時に零れた水は人の足跡の形をしていた…
 以前泡禍(ほうか、怪奇現象の様なものです)による事件での被害者を見舞うために主人公蒼衣と神狩屋は海辺の町へ向かう。その間に雪乃はグランギニョルの索引ひきからグリム童話「なでしこ」になぞらえた泡禍が起こるという予言を受ける…

 主人公たちは一度泡禍に遭い生き残り、その恐怖と衝撃でその泡禍になぞらえた断章と呼ばれる特殊能力をもちその力で戦います。
キャラクターによって能力は様々で普通に暮らすのに支障のないものから外界とは接触を断たねばならないものまでいます。
 この著者の本はホラーなのですが論理的に組み上げられたシステムによって怪奇現象が起こっている様に書かれていて謎を主人公達が怪奇現象と闘いながら解いていく過程が面白いです
結構グロイシーンも多いですが
下巻で如何解決するのか(救われない話が多いですけどね)楽しみです

 COMITIA90が駄目になってしまったので時間に余裕が出来て本を読む時間が増えました。
今のうちに原稿片手に(←無理だろそれは)読んでおきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 龍之棲家. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。